退職金制度について

「退職金制度」とは退職後の生活のため、企業が従業員に支給するお金です。

しかし、日常的に意識するものではないため、自分にどれくらいの退職金が支給されるのか、把握していない方が多いのではないでしょうか。
退職金制度を設けることで従業員は安心して勤務できるのですが、退職金の支給については、法律では退職金支給は義務付けられていません。
とはいえ就業規則などの取り決めにより退職金支給を明示している企業も多いと思います。

給与体系が年功型だと、勤続年数が長い社員は多額の退職金が必要になってきます。
会社への貢献度に関わりなく全員一律に退職金の金額が決まっている場合など、退職金支給に経営側は頭を悩ませているのではないでしょうか。

社労士は、このような場面でも活躍しています。
退職金の積み立てに関する事、退職金の水準を引き下げや、退職金制度を廃止など。
専門家に相談する事で会社の負担を大きく減らす事が出来るかもしれません。

社労士は、企業にとって退職金制度をどうすべきか、最善の方法をアドバイスいたします。


おばま社労士事務所このページトップへ

個人情報保護・特定商取引法

Copyright © おばま社労士事務所. All Rights Reserved.